押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

 1999年の玄倉川・道志川の水難事故を教訓に  考案日1996年5月

「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案


毎年キャンブシーズンを目前にして、各地で警察、消防レスキュー隊等による水難救助訓練が行われておりますが、最近特に水難事故が多発し国内においても事故を想定しての救助訓練においてロープやエアーガンなどを使用されておりますが私は、空中からのヘリコプターによる救出活動をより迅速、効果的に行うために、効率性の高いハイテク機器を導入すべきではないかと考える。
 わが国には川幅がせまくて流れの急な河川が多く、陸上からは対処の困難な水難事故が多発している。1999年8月14日、県内の玄倉川及ぴ道志川でキャンブ中の悲惨な事故が発生したことは記憶に新しい。この事故は水の怖さを人々に思い知らせる貴重な教訓となった。
 しかしその反面、災害発生時に川の中州に取り残された人たちを救出するためには、ヘリコプターによる空からの救助活動がどれほど重要であるかを改めて教えてくれたと思う。これは、水難事故だけでなく震災や高層ビル火災などの場合にも言えることである。強風、豪雨など厳しい気象条件の中で救出活動を行う場合、ロープやエアーガンでは対応できないこともある。但し一秒を争う初期の場合、機動カの高いヘリコプター等が到着する
迄の救助活動に使用することが大切なことはいうまでもありません。
 従って、より安定性が高く、また気象条件に左右されることなく遭難者を救出することのできる機器を開発すべきではないだろうか。尊い人の命を救うために先端技術を応用することは当然であると考え、自分なりのプランを提唱せずにはいられなかったのである。但し、へリコプターの場合は強風の時に特に弱いという問題も有るが、風の少ない時等の場合にはなくてはならず、機動カの高いヘリコプターの時代が到来したと思い考案したのである。もとより、素人のアイデアがそのまま生かされるとは考えていないが、こうした機器の開発を切望しているのは私ひとりではあるまい。国・都道府県・産業界が協カし、一刻も早くハイテク救助機器の開発に着手してもらいたい。
ヘリコプターの中に収納しやすく乗り降りも楽にできます。



ヘリコプターにウインチで巻き上げて救助してもらいます。
Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.