押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

 大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
 神奈川県の北西部に位置する津久井郡は自然に恵まれ、郡土の70〜80%は森林におおわれています。昔から、ここに住む人々は平和で素朴な農村生活を営んできました。お父さんは山着で、お母さんはモンペ姿で山に入り、山仕事や畑仕事に汗を流しました。雨が降ると畑仕事ができないので稲ワラを編み、麦や稲を束ねるための縄を作り、畑仕事の準備をしたのです。また、たき木採りは子供たちの大事な仕事で、戦後になっても暫くの間、学校から帰ると近くの山にたき木採りに 出かける子供たちの姿が見られたものです。木炭の生産も盛んに行われていました。丹沢山を中心にした豊かな質のよい木材資源に恵まれていたからです。個人所有の窯もあれば何人かの共同窯もありましたが、「津久井の木炭は県内最高の出荷量」と記録に残り、品質の点でも黒炭・白炭とも上質炭として名を高めました。
津久井は、昭和15年11月25日着工の沼本ダムをはじめ次々に建設が進められ水源地として大きな役割をはたしているのです。 戦中・戦後の津久井の歴史は、人造湖とダム建設の歴史そのものでした。これを一覧表にまとめると次のようになります。

相模ダム(相模貯水池)
昭和16年 6月27日着工 22年 6月14日完成
沼本ダム(調整池)
昭和15年11月25日着工 18年12月25日完成
道志ダム(奥相模湖)
昭和28年 12月3日着工 30年 5月15日完成
城山ダム(貯水池)
昭和37年 2月15日着工 40年 3月31日完成
本沢ダム(調整池)
昭和37年 2月15日着工 40年 3月31日完成
(神奈川県企業庁利水局城山事務所にて調)
 津久井の昭和史はこの五湖を抜きにして語ることは出来ません。特に、相模湖はわが国最初の多目的ダムとして誕生したもので、昭和22年7月17日に昭和天皇・皇后様が地方巡行で相模湖に行幸啓なされましたことは、津久井史の上に特筆されるべき慶事でした。五つの湖は神奈川県の発展に貢献し、現在でも大都市への水と電力の供給源として大切な役割を果たしています。いずれも、長い年月をかけて湖底に沈む集落の方々との土地交渉・移転先等々の話し合いが行われた末に完成したのです。
 その反面、湖の建設にともなって、いくつもの村が湖底に沈んだことは忘れられない記憶です。夏場の水の少ない時期には湖底の旧村が顔を覗かせ、当時の人達の生活や暮らしを思い出させてくれます。その思い出は長く子孫に語り継がれる事でしょう。
 このように、津久井郡四町(城山町・津久井町・相模湖町・藤野町)の今日に至るまでの発展は、住民だけでなく、
湖に関わりを持つ人たちの理解と協力なしには有り得なかったのです。そして、湖底に沈んだ住み慣れた故郷を離れ、県内各地に移り住んだ方々の望郷の思いは今でも尽きる事はありません。相模湖町の内郷地区では時おり桜の花が咲く頃、地元の住民が離郷された方々を招いて花見の宴を開き、笑いと涙の中で夜が更けるのも忘れて、昔を語り合う情景がくりひろげられています。ほかにも郡内ではこうした交流がいくつか行われているようです。
 大自然の恵み豊かな津久井・・・その美しい森と湖が幾世代にもわたって伝えられることを願わずにはいられません。
Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.