押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝

− 大神田光治さんの 「半生記」 −

相模湖町の誇りである相模ダム(相模湖)は、太平洋戦争の物資不足の中で国策として建設工事が進められ、幾多の尊い犠牲と筆舌に尽くし難い苦難の未、昭和24年7月に完工しました。今日の神奈川県の繁栄は、このダムがあればこそではないでしょうか.私たちはいつまでも建設に従事された方々のご苦労を忘れてはならないと思います。
相模湖町寸沢嵐在住の大神田光治さんが著した「事業と共に 半生記」は相模ダムの建設工事に直接携わった地元の人による貴重な回想録です。日々従事した工事の内容が、その当時に大神田さんが描いた図を交えて精緻に記され、建設の過程が実に生き生きと描き出されています。
 寸沢嵐に生まれ、昭和10年代に少年期を過ごした大神田さんは昭和16年4月16日、前年11月25日に起工式が行われた相模川河水統制事業建設事務所に奉職し、津久井第一工場ボーリング係となりました。就職後3カ月はど経って仕事にも慣れて来た頃、大洪水に見舞われて必死に道具を安全な場所に移しやっとのことで避難した体験や様々な工夫を重ねながらセメント注入作業を続ける姿が描かれています。また、湖底に沈んだ勝瀬集落について「私は幼かった頃、祖母に連れられて鼠坂から勝瀬河原に下りて何処までも長く続いた田圃の畦道−ここは堤防を兼ねた立派な道−を歩いて勝瀬の友人宅を訪れたりした。青田川の水車小屋で八ツ目鰻を素手で捉まえたのをはっきり覚えている。広々とした田園、風光明媚な勝瀬の姿も」と記し、村の住民が故郷を去る断腸の思いを綴った手記も収められています。
 日々南方での戦局が悪化する中で工事は進み、昭和18年12月25日に津久井調整池は満水となり、12月31日に発電を開始します。このときの気持ちを大神田さんは「取水口から吸い込まれる流れを感慨無量で見送った」と記しています.昭和19年3月、相模堰堤と発電所建設工事へと移った大神田さんは機械係となりました。12月20日、相模湖への湛水が始まりました。この日の日記に大神田さんは「あァー、瀬音も勇ましき激流も、そして絶景を誇るこの渓谷もあと寸刻にして堰き止められ水中に没入してしまう。そうして清らかな山の人造湖と変わり・…‥」と感慨を記しています.
 また、こんな記事もあります。「私たちが(水門の)扉体組立中の朝にこんなことがあった。勝瀬部落から引っ越して来た小川亭旅館の主人が、川船を堰堤下流に回しておくので仮排水路を通してもらいたいとのことで、関係者はびっくりした。堤体内を急流となって落ちる水路を木の船に乗って越す勇気と冒険、川漁名人の主人がする所業を私達は見守るだけであったが、一瞬にして堤体下流の出口に姿を現したので、安堵した。『最初で最後の堤体内船下り』となった。まさに、わが国初多目的ダムの建設工事に身を以って携わった人でなければ知り得ないエピソードではないでしょうか。
 20年6月に現役兵として入営し、間もなく終戦を迎えた大神田さんは9月に復職。物資不足で悪戦苦闘しながら水門扉の工事に邁進します.ある日、大神田さんが乗った物資運搬用のダットサントラックが、鼠坂で後ろから来た大型トラックの巻き起こした風に吹き飛ばされ半回転して逆立ち状態になりながら、奇跡的に大した傷も負わず近所の人たちに助けられた逸話には思わず頬が緩みます。
 昭和22年6月14日、相模川河水統制事業の竣工式が行われ、内山県知事、岩本衆議院議員、氏家電気局長始め式は盛大かつ滞りなく行われ、大神田さんは水門扉の開閉を司る巻揚機のスイッチを初めて入れる役割を無事に果たしました.このとき、末期ガンに冒された身を車の中に横たえ、会場遥かに式典を遠望する人の姿がありました。金野建設事務所長です。 6月14日に竣工式が行われた表面上の理由は、相模発電所の二台目発電機から送電を開始したので吉日を選んで挙行したというものでしたが、氏家電気局長が後に真相をこう語ったと大神田さんは記しています。
 「戦前戦後を通じ八ヵ年の間、(金野さんが〉寝食を忘れ昼夜の別なく老躯を駆って工事に挺身した模様が、走馬燈のように脳裏に浮かぶ.完工を目前に控え死なせることは何としても惜しい。(中略〉この日病める金野さんを式場に列席させるつもりであったが、痛々しい姿は来賓に相済まぬとの御本人からの申出によって、車で式典近くに運び遠望して頂いた.」
 この回想記に続けて大神田さんは「氏家さんとしては、相模発電所の二台目発電機が運転を開始したのでこの折に竣工式を行い、これを金野さんに見せてこの世を終わらせたいとの気持ちで竣工式を繰り上げて挙行したのである」と記しています.金野所長はこの年の12月9日に亡くなりました。相模湖誕生にまつわる秘話中の秘話であると思います。
半生をふるさとのダム建設に捧げた大神田さんはこの著書の中で、「下積み時代が人間にとって一番大事」と強調しています.歴史に残る事業一筋に青春の日々を過ごした人だけが持ち得る強い説得力を感じずには入られません。
 巻末には同じ工事に挺身した幼馴染みに捧げる「竹馬の友も建設戦士」の章が添えられ、戦中戦後の激動期を必死に生き抜く相模湖町の青年男女の姿が描かれています。同郷の友達との友情をいつまでも大切にしたいと願う大神田さんの思いが行間に溢れ、読む者の胸を打ちます.
Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.