押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

 勇気有る地元山岳会員のお手柄
先日、愛川町半原の地域史に詳しい小島末男さんと、現在、愛川町文化財保護委員の兄上の小島秀也さんにお話を伺う機械があり、大変楽しく有意義な時間を過ごすことができました。興味深いいくつもの逸話の中で、特に印象に残ったお話がありました。私なりにそれをまとめてみました。
 かつては「関東の耶馬渓」と言われ、その渓谷美で知られた半原の石小屋地区。今は宮ヶ瀬ダムの湖底に沈んでいますが、昔は夏になると多くの観光客が訪れ、川岸や浅瀬にキャンプを張る人たちも少なくありませんでした。まだ娯楽の少なかった昭和20年代から40年代にかけて賑わいのピークだったようです。
 日本国内においてもようやく国民に時間的余裕が出来始めた頃の昭和39年8月30日。中津川の河原には夏休みに最後のひとときを川遊びで楽しもうという人たちの姿が沢山みられました。しかし、天気予報は台風の襲来を告げており地元の愛川町山岳会員はパトロールに出掛け、断崖近くの河原でキャンプしようとしている人たちを発見。「ここにテントを張るのは危ない。急いで対岸へ避難してください」と警告したそうです。その夜、予報通り大雨が降り、翌朝、中津川は増水大洪水が発生しました。この日の午前6時、厚木警察署から「河原の様子を見てきてほしい」と愛川町山岳会員の小島末男さんの所に出動依頼の電話が入ったので会員全員に連絡を取り、小島さん・佐々木さん・木藤さんの3人が、オートバイで石小屋へ赴きました。物凄い濁流の川音でお互いの話し声も聞き取りにくいほどだったといいます。いざ河原に着いてみると、既に若手山岳会員の5人も到着していました。あろうことか、前日警告した断崖の下にテントを張った男女12・3人の一団が孤立し、今にも濁流に呑み込まれそうな様子だったので、「絶対にそこを動くな」と小島さんは大声で叫びますが、濁流の瀬音にかき消されて到底相手まで達しません。小島さんは準備していった3本のザイルを若手の会員に渡し、「濁流なので飛び込まないように」と注意した後、小島さんを先頭に3名は上流にかかる吊り橋を掛け渡り、対岸の断崖の上に立ちました。すると、崖下300メートルはあろうかと思われる「根っこ淵」と呼ばれる岩の上を見ると、恐怖に耐えている遭難者が目に入りました。山岳会員であっても足が震える程の危険な場所。小島さんたちは慎重に断崖を下り、足場を確保しながら岩の上の人たちを次々と津久井側に引き上げ無事救助した。
 ほっとしたのも束の間、パトロールカーの赤色灯が光り、サイレンがケタタマシク鳴った。対岸を見ると数人が大声をあげているのに気付きました。対岸近くの岩が突き出した辺りが濁流によって渦巻き状になっており、そこで人が溺れかけている緊急事態が発生していたのです。小島さんたちが急いでその現場に到着したのですが、時、既に遅かったのです。小島さんたちより先に現場近くにいた若手の会員たちの必死の救助の甲斐もなく、加藤さんからの返事はなかった。若手会員たちは涙しながら小島さんたちに一部始終を話しました。「小島さんたちが吊り橋に向かっている頃、少し遅れて到着した加藤さんが我々の近くまできて状況を見て取るや着衣を脱ぎ捨て、小島さんたちが渡していったザイルを握りしめて濁流の中へ飛び込んでいったザイルがぴんと張った辺りがちょうど岩が飛び出した渦巻きの場所だった。加藤さんの手が届くかどうのところでザイルが水に浸かった。ザイルの重さと濁流の水圧により岩場につかまることができなかったのではないか」と話した。事故に遭われた加藤さんは本当にお気の毒でした。
 また、小島さんの話によると救助した方々は八王子方面の一団だったと話す。その人たちの持ち物は急激な増水によってほとんどのものが流され、危機一髪のところで命が助かったのも愛川町山岳会員の勇気ある行動と、会員一人ひとりの日々の心掛けと日頃の訓練の賜物と頭が下がる思いでいっぱいです。今後とも小島さんたちの長年にわたる貴重な経験を糧に、愛川町山岳会の皆様がご活躍されますよう心よりお祈り申し上げます。

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.