押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

「津久井の地名唄巡り」

  津久井には地名を面白おかしく読み込んだ俗謡が残っています。この中から「あほだら津久井巡り」を紹介します。津久井町の人で山仕事などに従事していた梶野の良(亮)さんと言う古老が伝え、その時代(造林)下刈の請負の為泊まることを前提に寝具や炊飯道具・風呂桶まで山に持ち込み、夕食を済ませ夜になると夜空を眺めながら(くち)伝えにて習ったものだと言います(括弧内が地名)。

 「サーサ これより津久井郡をば一巡り。習い(奈良井)覚えたあほだら経に乗せまして○○○○が読み上げまする。うまくいったらお慰み、ア・ソレ、ア・ソレ、ア・ソレ‥‥・‥‥。
  そもそも、だんだん津久井郡のあらゆる村名を恋路に例えて申したならば、まいど(前戸)おメエーは心が永野(長野)で青野原(青野原)から西野々(西野々)あたりは大雪降るせか寒くてならない。青根(青根)、塩田、伏馬田(伏馬田=ふすまだ)、かぶた、道志(道志)、みそだ、鳥屋(鳥屋)、早戸(早戸)、言ううち関(関)は三月桜の(桜野)花咲く頃だよ。長竹(長竹)、韮尾根(韮尾根=にろうね)、中野(中野)よいのに添わずが森(添わずが森)とは縁起が悪いから添いとげしゃんせよ。立山(立山)通って明日原(明日原=あしたはら)から稲生(稲生=いのう)へ下ってヨオバケ(ヨオバケ)せっせと登れば土沢(土沢)のお灸が熱くて金原(金原)、根小屋(根小屋)、猫じゃとオシャマス(オシャマス)けれども小網(小網)にかかった鯉をくれてもニャンともこかない小倉(小倉)シヤンすな葉山る(葉山島)まいぞえ、畠久保(畑久保)、久保沢(久保沢)、谷ヶ原(谷ヶ原)から原宿(原宿)あつめて穴川(穴川)さがしてアンネエー(アンネエー)、小仏(小仏)、風間(風間)が吹くかよ小松(小松)の元でよ二人が中沢(中沢)、雨降り(雨降)、大戸(大戸)とちょいと歩いて太井(太井=おおい)、太井と高尾と(高尾)すれば、そこへ船頭が北根小屋(根小屋)、川和(川和)ん原には藤倉(不津倉)あがってピーチク、ヒャーツク、与瀬(与瀬)と云うのに又野(又野)の辺をばチョイトのぞけば大沢(大沢)こらさで、よされるものかよ三ヶ木(三ヶ木=みかげ)りしゃんすな。阿津(阿津)を通ってかき浜(柿浜)辺から野尻(野尻)へくだってチョイト渡れば名手(名手)か寄らなきゃならない。三井(三井=みい)の薬師へご進言」。

続「津久井の地名唄巡り」

  また、津久井の地名を面白おかしく読み込んだ「あほだら津久井巡り」を紹介しましたが、これと同じ元歌を持つと思われる「下津久井地名恋の阿保陀羅経」を紹介します。これは昭和二十七年二月十三日、津久井郡勢誌(せいし)編集会の主催で「古老に聞く会」が開催された折に、当時の村長井上鎮男(しずお)氏が記憶をたどり資料として提出したものです。同資料には「これは私が十才か十一才の時誰からともなくきき覚えた滑稽俗謡(こっけいぞくよう)で勿論あまり復習したことは無いが、語呂が面白いのと身近な地名がなかなかうまく織り込まれているためか大体旧憶にあるので一座興(いちざきょう)として御紹介します。明治二十五年頃の誰かの作と思います。もし村の内の人が作者だとすれば観音堂の稲さん(八重太郎弟永井柳助の父現在家族は他県居住家もなし)かと思われる」という添書があります。(括弧内が地名です。)
  「そもそもだんだん津久井郡の村名を恋路にたとへ、過ぎしこけんにおまえを見初めなぜ(名手)か可愛(川和)い山の中でも野尻(野尻)の隅でも新宿(新宿)落合(落合)滝原(滝原)たたす見限(三ヶ木)りしゃんすな夏は青山(青山)磯の鮑子(鮑子)で吸いつくようだ毎度(前戸)おまえは心が長野(長野)青野原(青野原)から西野々(西野々)あたりは大雪降るせか寒くて金原(金原)青菜(青根)塩だすまだ(伏馬田=ふすまだ)は味噌だ兎や(鳥屋)角言ふ内関(関)は三月桜の花咲く頃だ根小屋(根小屋)猫じゃとおちゃますけれど小網(小網には昔相当知られた医者がいた)にかかって鯉をくれてもにゃんとも言わない小倉(小倉)しゃんすなはやまる(葉山島)まいぞい、畑久保(畑久保)久保沢(久保沢)は原宿(原宿)たたす中野(中野)又野(又野)のよいのに惚れて大沢(大沢)こらさでよされるものか明日原(明日原)では皮足袋はくか土沢(土沢)お灸は熱くて金原(金原)港水船がとまって太井(太井=おおい)太井と呼んでも答えぬ小倉へ廻れば川幅広くて船賃が高い三井(みい)の薬師のごしんごん砂糖べったりつけて食ったらうまかろう」

 この唄が伝えられたのは明治二十五年〜昭和初期ごろの話。まだまだ県内に樵(きこり)唄等なども有り、テレビはもちろん大正14年に始まったラジオ放送も普及していない時代です。皆で集まっては色々な唄を歌い、茶碗(ちゃわん)を楽器に替え箸でたたいて楽しんでいた様子が目に浮かびます。
  本稿は、故小島仲治さん、弟の小島知近さんの御協力により作成したもので、大変感謝しております。

津久井の地名唄巡りを収めた貴重なビデオテープ

                   

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.