押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

孫の笑顔は宝物

 我が家の宝物は内孫の茉桜(まお)ちゃん。平成十三年四月十六日生まれの女の子です。月日の経つのは早い もので、今年の誕生日に四歳になります。
 我が家は二世帯住宅。私たち年寄り夫婦は一階に、息子夫婦は二階に住み、階段で行き来しています。朝晩、茉桜が歌を口ずさみながらトントントンと二階から下りてくると、私たち夫婦は目尻を下げながら顔を見合わせます。自宅と同じ敷地で工場を経営してる為、私たちは日中ほとんどいないので、茉桜は朝と夜、一緒に遊んで貰おうと両手いっぱいにドラえもんやアンパンマンのビデオテープを抱きかかえ、元気いっぱいに 「おじいちゃん、おばあちゃん、ドアを開けて」と大きな声を響かせるのです。その声の何と心地よいこと・・・。
  女の子ながら、茉桜はなかなかしっかりもの。三歳とは思えないはど体も大きく、またいろいろなことに対しても好奇心旺盛です。私が息子に教えて貰ったパソコンでインターネットをしている時、そばに来てパソコンを見るなり 「茉桜に貸してよ、おじいちゃん。何がわからないの」 とマウスを取り、「これをこうすればいいんじゃないの」と器用に動かします。玩具のパソコンで習ったのでしょうか、それとも何もわからないのだけれども、やって見せたのでしょうか。世界的に機械化が進んだ今の時代、さすがに子供はゲーム感覚でコンピューターに親しみ、覚えが早いと感心します。
  もう少し経って小学校二、三年生にもなれば、我々にはついて行けないほど上達するのではあるまいかと、ちょっと寂しさも感じながらそんなことを想像し、「今度おじいちゃんがパソコンがわからなくなったら教えて」と話すと、「いいよ、聞いて」 という言葉が返り、またびっくりです。
  でも、さすがに女の子らしく何かと良く気が付きます。おばあちゃんが「歯が痛い」と言うと、心配そうに「お薬飲んだほうがいいんじゃない」とアドバイス。思わず、「茉桜ちゃん、可愛いね」と顔をのぞくと、天真爛漫な笑顔が返って来ます。それがまたいっそう可愛く感じられるのです。
  二歳後半から三歳になったばかりの頃は、幼い子どもにとって目の届く範囲にいる家族は誰もが遊び相手になると思っているのか、昼間でも玩具を抱きかかえ、「遊ぼう。お母さん掃除機かけているから、一人でつまらないの。」 と一階に下りて来ることもありました。そんなとき、仕事のため一緒に遊んでやれず、茉桜が泣き出すことも多かったのです。最近では 「後でね」と話すと理解できるようになり、大きく成長したと感じます。
 一歳三カ月の時から 「スイミングクラブ」 に通っていますが、母親も 「最近は幼いなりにもコーチの話していることをよく理解できるようになった」 と成長ぶりを笑顔で話します。団体行動を学び、健康で他人に迷惑をかけない明るい子供に育ってほしい、そんな私たちの願いが孫の心に通じているのかと嬉しく思うのです。
  元旦の朝、茉桜が起きて来るなり 「おばあちゃん、おじいちゃん、聞いてよ」と言葉をかけてきました。何のことかと思ったら、「あのね」と切り出し、「昨日の夜ね、プールで泳いでいる夢を見ちゃった」。大人が何も教えないのに、それもタイミング良く元旦の朝のことなので、「茉桜ちゃんそれはね初夢なんだよ。泳いでいる夢だから今日からいいことあるよ」 と話してあげました.「やった−、やった−」 と喜んでいるその顔は、もう一人前の水泳選手のようです。「茉桜ちゃん、大きくなったら水泳の選手になれるね」と語りかけると、恥ずかしそうな笑顔を浮かべました。
  そんな我が家の孫も、今年四月から隣町の幼稚園に通うことになりました。両親がその幼稚園の話をしているのを聞いているのでしょう、「早く行きたいな」と待ち遠しそうです。最近では、遊びの様子も変わりました。カバンを背負うような仕草をしてみたり、大人の真似事をしたりしています。きっと、楽しみながら子供なりに心の準備をしているのでしょう。母親も入園に向けて着々と準備を進めています。まるでツバメの一家の巣立ちのように、にぎやかな毎日です。
  ことわざに 「今泣いたカラスがもう笑った」 とあるように、子供は四歳くらいまでは、叱られるとその時だけしょんぼりしても、すぐにケロッとしています。それでも、三歳までに躾(しつけ)をきちんとしておくべきだと思います。悪いことをした時はきっちり叱っておく事が大切でしょう。
  自分の幼かった頃にタイムスリップしてみると、悪さをした時に厳しく叱られた思い出がいくつもあります。大人になってからではとても直せなかったと思うと、躾がどれほど自分の為になっているかを肌身に染みて知るのです。叱る愛情は、まさに転ばぬ先の杖ではないでしょうか。そんなことを言いながらも、孫のことになるとどうしても甘くなってしまうのですが…。
  孫を中心に泣いたり、笑ったりの我が家ですが、それも家族が健康であってのこと。つつがなく毎日を過ごせる事に感謝の気持ちを忘れずにいたいと思います。まして、阪神・淡路大震災で被災し、安心できる生活を求めて引っ越した新潟でまた大地震に遭った方のご苦労を耳にすると、なおさらそう思います。
  また、昨年末、スマトラ沖地震とそれに伴うインド洋大津波でアジアの多くの人たちが予測もできない被害に遭いました。そして、世界には今も、戦火に苦しむ沢山の人たちがいます。その人たちに一日も早くやすらぎに満ちた日が訪れますよう、心から祈っております。
  私は世界のすべての大人が、自分の子供や孫を思いやる気持ちで人と接し、社会と関わりを持てば、今よりもずっと明るく楽しい世の中になると思うのです。孫の幸せを願い、また、世界の平和を願わずにはいられません。

    

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.