押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

篠原の里の名刹  「月見山福壽院」

 藤野町篠原の高野山真言宗「月見山福壽院」は、三十七世の岩木晃範師が住職を務める由緒あるお寺です。鎌倉時代末期の正和二年(一三一三)、道志川を見下ろす藤野町牧野野仲の懸崖の上に創建されたと伝わります。多分、檀家といったものは無く、僧侶の修行の場として建てられたと考えられます。 今でもこの場所から渓谷を挟んで東南に大きく開けた眺めは絶景で七〇〇年近く前の深山幽谷の景観は想像するに余りあり月見(がっけん)山という名もむべなるかなと思われます。
  この寺が火災で焼失し、現在地の藤野町篠原に開山したのは江戸時代元禄期と思われます。お寺のご本尊は阿弥陀如来ですが、南北朝時代の作とされる薬師如来像も重要な宝物です。「院派」の仏師による芸術性の高い作品で、町重要文化財に指定されています。このほかにも、弘法大師像(元禄四年造)、地蔵菩薩、閻魔大王などが祀られています。
  当時の篠原村は八十の自作農が軒を接し、近在に名を知られた富裕な集落と伝わっています。この村に創建された福壽院が地域の人達の信仰を集めたことは想像に難くありません。お寺と目と鼻の先にある大石神社が改修された際、福壽院住職が導師を務めて事業の成就を祝ったというエピソードも残されています。
  明治時代には学制施行に伴い、尋常小学校の校舎にもなりました。篠原地区は山間の集落のため、子女が高等教育を受けるのに多大な困難がありました。日蓮の高等小学校、厚木中学、津久井町三ヶ木の蚕業学校に通いました。岩木晃範住職のご母堂、富貴代さん(89)は「私の兄は厚木市、姉は三ヶ木の学校の近くに下宿していました」と、かくしゃくとした口振りで思い出を話してくれました。また、山間の集落の例に漏れず、篠原でも人々は農業、養蚕、炭焼きで生活を支えていました。「寺でも蚕をしていました」と富貴代さんは話します。
  お寺に帰依する人はとぎれることなく、戦後の昭和51年には開創650年記念事業として復興奉讃会による本堂改修、向拝増設、庫裏新設、霊園墓地の新設などが行われました。翌52年には福壽院護持会が創設されました。
  そして、平成7年12月、先代住職の岩木慧晃師在任50周年、護持会創設20年を祝い、茅ヶ崎市在住の加藤一郎氏(相模工業株式会社代表取締役社長)を施主として境内に鐘楼堂が建立されました。加藤さんは、篠原出身の政治家で県会議長を四期務めた故・加藤詮氏のご子息です。
  堂は台輪2・47b、天井高3・21b、総高5・95b、銅板茸入母屋作り四隅に木鼻の獅子が8体、欄間に十二支の動物たちの彫刻が施された立派なものです。梵鐘は口径約79a、重さは約600`cで、富山県高岡市の老子製作所で鋳造されました。1・25`cの純金が含まれているため音色と余韻の素晴らしさは申し分ありません。鐘には慧晃師の撰による「新洪鐘晨農昏清韻」「萬邦恒久祈静安」などの銘が刻まれています。
  落慶式で慧晃師は「当山の伽藍一段の荘厳を加えたり。是れ実に数百年来異数の慶事にして、法幸これに勝るものあらんや。今や朝夕に妙音遍く十方に響いて、長く無明の闇を開き…人天を利益し、正法を興隆せん」と慶賀の辞を述べ、加藤さんは「この鐘の音が、篠原の里の山々に木霊(こだま)して、福壽院の繁栄と檀家の方々のご多幸そして祖先の御霊の安らかならんことを祈念申し上げます」と祝意を表しました。また、導師の板坂光明僧正(高野山真言宗相模宗務支所長)は慶賛文(けいさんもん)の中で「仰ぎ観れば、深山緑煙の中に聳秀す。人心を浄化して以て万世に泰平を開く浄業たり」と鐘楼梵鐘造立の意義を説いています。
  福壽院は廃校になった町立篠原小学校の隣接地にあります。今年5月、旧小学校の校舎は体験型宿泊交流施設「篠原の里センター」に生まれ変わりました。運営主体は地元の住民を中心にしたNPO「篠原の里」ですが、岩木晃範住職はこの代表を務め、地域活性化に向けた活動の先頭に立っています。
  福壽院の鐘は朝六つ鳴ります。地域の繁栄と安寧を守る響きが長く伝わりますよう心からお祈り申し上げますと共に、篠原の里センターの発展を衷心より祈念申し上げます。

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.