押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを

 最近十年余りの間に阪神淡路大震災、十勝沖地震、新潟県中越地震などによ り日本の様々な地域が大きな災害に見舞われました。テレビや新聞で被災地の惨状を見るにつけ、地震に遭われた方々へのお見舞いの気持ちがわいて来ます。
こうした過去の大地震を貴重な教訓として生かすためにも、いつ起こるかも知れない東海地震への備えをなおざりにしてはならないと思います。
  関東地方に住む私たちにとって、今も言い伝えられる大きな地震の記憶と言えば、大正十二年九月一日の関東大震災を措いてほかにありません。地震による被害だけでなく人々の不安をあおる風評などもあったそうです。
  県内で最も被害が軽微とされた津久井郡内でも大きな揺れが感じられ、川の流れが変わるほどの地形変化が生じたといいます。特に、私が住む相模湖町の隣の津久井町鳥屋では山津波が発生し、十六人が命を落とし、九戸が土の下に埋没したとの記録が残されています。山間地の住民にとって山津波ほど恐ろしいものはなく、鳥屋地区の住民がどれほど大きな厄災に襲われたかを推し測ることができると思います。
  鳥屋の馬石地区には当時の記憶を伝える「地震峠」という場所があります。私は、ふとしたことから、大震災を体験した新井エツさんという女性が、毎年 九月一日にこの峠で慰霊祭をしていることを知りました。新井さんはご高齢のため、直接お会いしてお話をうかがうのは難しく、津久井町中野に住む長女の新井節子さんにお目にかかり、エツさんの体験談の資料を拝見し、慰霊祭のことなどをうかがいました。以下にその概要を記します。
  新井エツさんは「鳥屋の昔」という文集に次のような回想談を寄せています。「私が一五歳の時、大正一二年九月一日昼近くの一一時五八分でした。地震のおきる二、三日前から暑くるしい日がつづき、八月三十一日の夜から九月一日の朝一○時頃まで大雨でしたが、雨がやんで雲一つない天気となり、そろそろ昼飯という時におきました。私の父中村長次は『ひじろ』(注・薪を燃やして暖をとったり、煮炊きしたりする家族だんらんの場)の火にすり鉢をかぶして火を消しました。家がたおれそうになり、家の中にいられず外に逃げ出したが地面が上下に揺れるので歩くことが出来ず、はって進み桑の木につかまれば、桑の木はぬけてしまうし、足は土の中に埋まってしまうし、言葉や筆にはあらわせないものすごい揺れだった。こわかった揺れがおさまり、馬石の上集落(現在の地震峠付近)の方を見ると、土煙で見えなくて、どうしたのかと思っていると、山崩がおきたとのことでおどろきました。私の姉中村カネ(一九歳)は川のそばにあった上集落の糸揚げ所へ行っており、近くの小島さんの家・家人とともに山崩の下敷きになり、なくなってしまいました。その後は余震が続き、道に岩のある串川と鳥屋の境の方に避難し一夜を明し、それぞれ親戚に避難しました。馬石上集落は川と道路がのみこまれて高い山が出来てしまい、どうすることもできず串川村、青野原村より一戸一人の応援があり、道作り、川の水路作りに来てくれましたが、大変な作業でした。九月三日より三日間大雨が降り続いた為、水が中開戸の方までも溜まってしまっているところへさらに九月中頃に大雨があり、父と川島松太郎さんとで雨の中『とんぐわ』(注・土を掘り起こす道具)を持って行き、山崩の一番低い現在の馬石橋付近にみぞを切っていると、水がチョロチョロと流れ出たのでさらに掘ると水がどんどん流れ出てきて、ぬれるのもわすれて一生懸命掘った所、たちまち一間位の水路ができ、ものすごいいきおいで流れ出し、その時の水の力、こわさを時々私に語ってくれた。島屋では馬石が最も地震の被害が大きかったので地形、断層、当時の模様等を調べ、鳥屋の教訓として後世につたえてほしい」 (注と句読点の一部は筆者が補充しました)
  大震災を直接件験した方でなければ語り得ない貴重な証言だと思います。エツさんは震災で亡くなった方々の冥福を祈るため、亡くなった方の縁者や有志の方と共に、地震峠に建つ慰霊碑に線香と花をたむけ、米粒と供物を捧げて般若心経を唱える慰霊祭を二十年以上にわたり行っています。その峠の下には山津波で亡くなった二家族八人が永遠の眠りについています。慰霊祭を伝えた情報誌によると、エツさんは「木が立ったまま動いて来た」「『夢中で逃げ出して振り向いたら自分の家が山になっていた』という話を聞いた」「三歳の子どもが山津波に押し流されたが川に浮かんで助かった」など、当時のものすごい状況をほうふつとさせる回想談も数多くされています。
  鳥屋の人たちを襲った恐ろしい体験を教訓として生かすために、私たちは何をすべきでしょうか。それは、どれほど大きな震災に遭っても生き抜くことだと思います。そのためには、万一の事態に備えて家族の安全を確保するため、日頃から心の準備や約束事をしておくことはできるはずです。例えば、家族が別々の場所にいるときに大地震に襲われた場合、みんなが集まる場所を決めておくことが大切ではないでしょうか。家の近くの竹やぶのような地震に強い場所であることが望ましいのは言うまでもありません。また、『備えあれば憂い無し』の格言通り、地割れが生じた場合に雨戸や板、テーブルなどを裏返してその上に避難するのが身を守るのに役立つことは、大震災を体験された方々のお話からもうかがえます。家族め生活パターンに即して、安全に避難し、お互いの無事を確かめ合う方法をしっかりと用意しておきたいものです。

 新井エツさんの体験とお話を多くの方々に知っていただき、改めて地震への心構えを思い起こしてほしいとの願いをこめ、この一文を書きました。  新井エツ・節子様に心よりお礼を申しあげます。

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.