押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと

私は最近、ある人から「湖かがやく」という題名の「詞集」を見せていただき、津久井の隠れた宝物を発見したような気持ちになりました。作者は岩崎吉太郎さん。
  大正14年に現在の藤野町吉野に生まれ、15歳のときに青雲の志を抱いて上京。戦後は東京、横浜に住んで雑誌社
などに勤め平成14年1月、80歳で逝去されました。雑誌に掲載された略歴に「日本歌謡學院作詩部卒業。純粋詩を佐藤惣之助、歌謡を高橋掬太郎先生に師事す。『詩謡 教宰』 『幌馬車』 を経て 『歌謡文藝』 同人。昭和25年4月『十字路』創刊す」 とあるように、一生を通じて作詞活動を続けました。その才能の確かさについては、師の高橋掬太郎が 「岩崎君の詩情の豊かなこと、詩句の自在 なこと、いつものことながら感嘆させられる」 と評していることが証明しています。
  B5判282頁の作品集を手にして、私が何よりも驚いたのは昭和15年から平成12年までの間に創作された約500編に上る作詞の数でした。そして、レコード化されたものを始め一つひとつの作品が心を打つ迫力に富んでいる事にも驚きました。約70編が収められている標語も見事なできばえです。
  詞の中に盛り込まれている題材は横浜、銀座を始めとする全国各地の街の情景、男女の出会いと別れ、人生の哀歓と夜の酒場など実に幅広く、人情の機微を一番から三番までの歌詞の中によくぞまとめるものだと感心するしかありません。また、作詞と並んで標語コンクールの入選作品も枚挙にいとまありませんが。その中でも平成2年、津久井郡広域行政組合の最優秀標語に選ばれた「日々のごみ 減らす工夫に 活かす知恵」 の名文句をご記憶の方も多いのではないでしょうか。
  岩崎さんは故郷を遠く離れてもふるさとを愛する気持ちを失わず、昭和34年に藤野町立吉野小学校の校歌を作詞しました。「湖かがやく」 はその冒頭の歌詞です。また、昭和55年には『ハアー 山のみどりに相模湖映えて』で始まる 「藤野音頭」 (森菊蔵補作詞) を、平成4年には藤野出身の歌手、真木ことみさんが歌う「足柄茶音頭」(石坂ゆたか補作詞)を作っています。全国の市や町のイメージソングなども数多く、昭和30年代には相模湖フェスティバルのテーマソングの作詞もしています。
鋭い感性を持つ詩人らしく、作品は激動する昭和、平成の世相を映し出しています。昭和28年の「村のはた織り娘」(米山正雄作曲 松田トシ歌)は『山の微風 誘い風 月も仄かに 覗き顔 チャーカラ チャーカラ織るはたは 赤いランプに 頬よせて なにも言わずに夜もすがら』と、まだ農村風景が色濃く残る地方の村娘をテーマにする一方、32年の「銀座ブルース」(飯田景応作曲 藤島桓夫歌)では『赤く彩る ネオンの虹に今日もわびしく 酒場の窓で ひとり身を灼き 涙を流す ああ降る降る 雨は うつろ心に 君を呼ぶ』と、戦後の都会に生きる孤独な男心を歌っています。
  社会的な背景を持つ作品も多く、昭和49年には政府の減反政策に憤る農民の心を『米にいのち かけてきた俺の涙がわかるかい どこのたんぼも 遊ばせて 草でぼうぼう 荒れるまま お天道様も泣いてらァ これで一体いいのかよ』と詠い、日本作詩大賞奨励賞を獲得しています。53年の作品「みどりの仲間たち」(本城泰浩作曲 芹洋子歌)は神奈川県緑化推進委員会選定「みどりの賛歌」最優秀作品に選ばれました。
  その後も56年の「省エネ音頭」(財団法人省エネルギーセンター会長賞)、」61年の「Uターン」、平成11年の「近代化のブルース」、12年の「2000年音頭」など時の時代相をそのままタイトルにした作品が見られます。
 また、昭和の後期、年齢を重ねるごとに深い味わいを持つ作品が増えていくように思います。昭和61年の「俺ら実年」では『銀杏並木に 落葉が舞えば やがて近づく 冬の音 俺ら実年 沁み沁み酒に 生きる人生 考える 夢はまだある がんばろう そうだ愛しい 実年の春』と還暦を越えたばかりの心の内を吐露しています。そして、昭和が終りを告げようとしていた63年には「昭和街道」を作詞。『苦労山坂 次々越えて おれもお前も 歩いたね 昭和街道 ひとすじつづく 花と嵐の六十年の 長い道のり 泣いて笑って ふたりして』と、ご自分の人生に重ね合わせて去り行く時代への挽歌を歌っています。
  平成7年、同人誌「歌謡ロマン」の500号記念に寄せた随想の中で「政治も経済も混沌、天災や社会不安の事件も続発、何か行く先不安定な現在の世の中、せめていい歌が社会を明るく潤してほしいと思う」と記した岩崎さんの思いは今なお、多くの人の共感を誘う言葉だと思います。
  この作品集を編んだのは作詞家の甥にあたる岩崎健さん(城山町在住)です。以前から作品を本にまとめたいと考えていた健さんは、叔父の吉太郎氏が亡くなった後、詞作品や標語などを収集し、3週間をかけてはとんどすべてワープロに打ち込んだと「あとがき」に記しています。そして「吉太郎叔父さんは、一生作詩だけに打ち込んでいた。そういった意味では幸せな人だった。好きなことに一生打ち込める人なんて、この世にそうはいないだろうから」と記されています。
  本当にこの言葉通りだと思います。そして、77歳になってもなお『夢とロマンに 燃えながら 生涯青春 いきいきと 生きていこうよ さわやかに』(平成11年作 「生涯青春」より )と人生を謳歌することを忘れなかった作詞家の生き方を見習いたいと思う気持ちで一杯です。
  最後にひとこと付け加えますと、津久井町在住の作曲家、笹清さんが岩崎さんの作品を大変気に入り、「潮かがやく」に収められた歌詞に曲をつけていらしゃいます。その数はすでに20曲近くになるそうです。毎年のように新曲を津久井町や城山町の女性コーラスなどが主催するコンサートで発表し、好評を得ていると聞きました。これからも、相模湖畔に生まれた作詞家と津久井湖畔に住む作曲家との合作から、長く多くの人に親しまれる歌が生まれるよう祈らずにはいられません。

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.