押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

照手姫伝説が残る里

  私が住んでいる相模湖町の北部に底沢という地区があります。小仏峠のふもとの静かな山里で、自然
そのままの森と林、清らかなせせらぎが織りなす四季折々の景観はまことに趣深く、訪れる人を季節感
豊かな空気が包みます。
  底沢は国道20号線(甲州街道)沿いの「底沢バス停」から北へ20分ほど歩いた所にありますが、地区
の入口にあたる場所に「美女谷温泉」があります。この「美女谷」という名は、今もこの土地に残る伝説の
美女、照手姫に由来しています。
  室町時代に生き、小栗判官との悲恋で知られる照手姫伝説は各地にありますが、底沢地区の「七ッ淵」
という場所に設置されている相模湖観光協会の案内板には「照手姫は小佛峠南麓のここ美女谷の生まれ
と伝えられている。(中略)美女谷川上流の七ッ淵で化粧をして気立ての優しい、美しい娘に成長し、そ
の美貌が地名の由来になったともいわれている。しかし不幸にも両親が相次いでこの世を去り、いつし
か照手姫の姿も見られなくなった。(後略)」と書かれています。
  七ッ淵は湧き水が段丘状に流れ落ちる、清らかな渓流によって形作られています。流れに沿って細い
山道が刻まれ、それを包む山里そのままの情景は昔をしのばせる気配に満ちています。この地で照手姫
が生まれ、七ッ淵でつややかな髪を洗ったという伝説が生まれたのもうなずける思いがします。

  ところで、照手姫の生涯については遊行寺(藤沢市)に残る話や「鎌倉大草紙」という書物などに見られ
るそうです。生地についても諸説があるようですが、昨年相模湖町が合併した旧相模原市にも照手姫伝
説が伝わり、重要なエピソードや照手姫が植えたという榎が残っています。
「相模原情報発信基地」[http://www.sys.gr.jp/sagami/]が紹介している、『その他の照手姫伝説1』
に拠りますと、「その昔、相模・武蔵両国の守護代、横山将監の館に玉のような姫が生まれました。照
手と名付けられた姫は美しく成長し、その美貌は、世間で評判になった。この噂を耳にした常陸の国(茨
城県)の若き国司、小栗判官は、照手姫の住む横山の地に赴き、たちまち一目ぼれし、そのまま婿入りし
てしまう」とされています。夫の小栗判官が毒殺されたあと、照手姫は美濃の国の遊女宿で下働きのつ
らい仕事につきます。やがて、小栗判官が閻魔大王の恩赦で地獄からよみがえり、目と口と耳の働きを
失った餓鬼阿弥陀仏の姿で遊女宿の前に現れます。熊野本宮の峰の湯に入れば元の体に戻ると言われ、
人々の助けを借りて熊野を目指す旅の途中だったのです。哀れに思った照手姫は夫とも知らず、餓鬼阿
弥陀仏の乗った車を引いて西近江まで来ますが、宿との約束の期限が来て、後ろ髪を引かれる思いで遊
女宿に戻ります。餓鬼阿弥陀仏は人々の力添えで熊野に着き,49日間峰の湯温泉につかって元の小栗判
官に戻り、照手姫と再会していつまでも幸せに暮らしたといいます。(「」で示した引用部分以外の略述の
文章責任は筆者が負います)
 悲しい運命に耐え、優しい気持ちを持ち続ける照手姫が美女谷で生まれたという言い伝えが残って
いることは、相模湖町の大切な歴史資源です。この資源を生かすため、町の住民グループと地区の自治会
が協力して最近五年、七ッ淵の周辺に「照手姫」という品種のハナモモの苗木を植栽しています。苗木
の数は二百本余りになりましたが、千本目指して植栽を続けるそうです。見事な花をつけるまでに成長
した木もあり、春には照手姫の里にふさわしい華やかな雰囲気が辺りに漂います。
 美女谷はJR相模湖駅から小仏峠、城山を経て高尾山へ至るハイキングコースの途中にあたり、陣馬
山や景信山の登山口でもあります。ハイキングなどで相模湖町に足を運ぶ多くの方々に照手姫の「生
誕の地」を訪れて頂ければと思います。

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.