押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

釣り情報   どんと鯉・鯉釣り天狗

 私が住んでいる相模湖町を含む旧神奈川県津久井郡の4町は、平成18年3月20日に相模湖町と津久井町が相模原市と合併して神奈川県相模原市相模湖町・津久井町となり、平成19年3月11日に城山町と藤野町も相模原市と合併して神奈川県相模原市城山町・藤野町となりました。遠方から来られる方の中には、まだご存じない方もいらっしゃるかと思い、ひとこと申し添えておきます。
  新市の一部となった津久井地域には里山の風景が色濃く残り、山や川そして湖と緑豊かな地勢、針葉樹や広葉樹林の中を通り抜ける冷たい風が日頃の疲れを癒してくれます。もちろん、マイナスイオンもいっぱいです。その反面、自然豊かな土地だけに山や川の怖さをも地域の歴史に強く刻み込まれています、また、恵まれた水を利用して戦中から戦後にかけてダム造りがさかんに進められ、ダム工事によってふるさとが湖底に沈んだ方々の犠牲と理解を抜きにして湖を語ることは出来ません。
  今ではその湖の恩恵にあずかろうと多くの人が訪れ、各地からのドライブコースとしても人気が有り、釣り好きな方の格好の釣り場にもなっています。津久井湖や相模湖は大型ヘラ鮒やブラックバス、鯉等の釣り場として名を高め、遠方から大物魚を求めて太公望がやって来ます。
  今回は「鯉師」にスポットを当て、風の便りに野鯉の大型が釣れると聞けばどこまでも遠征し、大型野鯉一メートル級物を釣り上げたいという夢を追い続けている長年の釣り仲間、鯉釣り一筋の「鯉師」の二人を写真を通して紹介してみたいと思います。

  縞のシャツの方が森田さん、黒いポロシャツの方が早坂さん。通称モリ・ハヤコンビ。趣味が同じことは言うまでもありませんが、20年以上もコンビを組んでいるのは共通の話題があるからでしょう。お互いに「相棒」と呼び合う仲です。顔を見合わせながら「なあ、二人で釣りをしている時が一番幸せだな」と話します。食事のしたくも共同作業で手慣れたもの。互いに阿吽(あうん)の呼吸です。自分勝手に料理を作っているように見えますが、たちまちお互いの食材を混ぜ合わせて味付けし、食事の準備が完了。「いつもの味だ、美味しいね、これでいいよ」と最高の笑顔。そして、お互いの車も二台合わせてキャンピングカーに早変わり。職場に戻れば責任ある仕事をこなし、近寄りがたい2人ですが、仕事から解放される休日は好きな釣り三昧。あの大物を釣り上げた醍醐味が忘れられず、その当たりの一瞬を待つ鯉師に変身です。

  こだわりも中途半端じゃない。とくに森田さんは竹竿にこだわり、自分の手で一本一本自分の納得のいく竹材を選びます。完成品も素晴らしい仕上がり。竿を湖面に4〜5本並べ、得意そうなモリ・ハヤコンビ。早坂さんも森田さんの作った竿ファンなのです。リールも市販されている物を更に改良し、当たりが来た時自分の居場所までリンリンリンと音が伝わるように工夫しています。また、釣り餌には特にこだわります。釣る場所の環境、例えば木の実等が水辺に落ちる場所や雑排水が流れ込む場所により釣り餌を替えます。場所によってはドングリや樫の実等を細工して使用しているとか。一般の釣り師はなかなか教えてくれませんが、森田さんや早坂さん級になると、色々と自分の経験を分かりやすく話してくれます。
  頑固な所もあるが説得力もある、そんな森田さんや早坂さんと会話しているうちに太陽も西に傾きかけたので帰る支度をしていると、森田さんが「今夜はナイターだよ」と一言。二人の笑顔が印象的です。私が後ろ髪ひかれる思いで帰ろうと思っていた時、苦心を重ねた森田さんの改造型リールからリンリンリンと伝達有り。釣竿を見ると竿先が水面を叩きつけ、竿が折れそうなほど曲がってリールから糸がどんどん深場方向に走ります。「大きいぞ」と近くにいた釣人が集まって来ました。振り出した糸が80メートル程の所でいったん止まり、森田さんが「今だ」と大声でリールを巻き始め、「竿が重い、大きいぞ」と言いながらリールを巻く手に渾身の力をこめます。その時、ようやく獲物が水面に少し姿を見せ、見物の人たちから大きな歓声が上がります。そして、早坂さんの協力で見事、89センチ級の大型野鯉が釣り上げられました。私が感嘆の拍手を送ったことは言うまでもありません。
  その時、さすが鯉師!近くで釣りをしていた方々の前で、森田さんが釣り上げた鯉を元の場所に放しました。しかし、鯉はなかなか深場の方に行こうとしません。モリ・ハヤコンビの方に視線を送るかのように何度も何度も首を縦に振っています。その間約5分。「お礼のあいさつですかね」と問い掛ける私に、森田さんは「釣り上げられたショックで方向性を失っているだけ」とクールな返事。それでも「早く仲間のいる深場の方へ行きな」という鯉師の呼び掛けの言葉が通じたのか、鯉は深場に姿を消しました。その瞬間がとても感動的で、鯉師の優しさに心和む思いがしました。
  鯉師は釣り上げた時の醍醐味が忘れられず、「どんと鯉・鯉釣り天狗」になっていくそうです。津久井地域に住む私にとって、お二人のように純粋に釣りを楽しむ人が津久井に来てくれるのは大変うれしいこと。「どんどん来い・来い釣り天狗」です。
  森田さん、早坂さん、お手並み拝見させて頂き、有難う。ようやく私も釣り場を後に、満足感いっぱいで家路につきました。健康で、好きなことに熱中出来ることがあれば人生最高。森田さん、早坂さん、これからも頑張って1メートル級の大物魚拓を楽しみにしていますよ。

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.