押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

刻印付き半鐘は地域の宝物

  今年1月24日、私が住む相模湖町道志地区と隣の増原地区で歴史的な発見がありました。長い間使われてきた火の見櫓が解体されたため、吊り下げられていた半鐘を調べたところ、それぞれに江戸時代中期の刻印があることがわかったのです。半鐘はどちらも鋳鋼製鉦鼓形半鐘で、重さは約10キロ。大きさは道志地区のものが直径378ミリ、高さが103ミリ、増原地区のものが直径340ミリ、高さ97ミリです。道志の半鐘には「相州津久井縣寸沢嵐村願主下道志北村中 天明二壬寅年五月吉日 西村和泉守作」と刻まれ、増原の半鐘には「相州津久井縣施主増原村中世話人江藤佐ェ門 宝暦十―辛巳八月日安政四丁巳八月 藤原周慶作」と刻まれています。
  制作年代について記しますと、天明二(1782)年は史上に残る天明の大飢饉が始まった年にあたり、この5年後の天明七年には津久井で土平治騒動が起きました。宝暦十一年は1761年にあたります。安政四年は1857年で、この年に宝暦十一年製の半鐘を復刻したものと推測されます。作者の西村和泉守は延宝年間(1673〜)より代々続く江戸神田の有名な鋳物師です。藤原周慶については今のところどのような人物かわかりませんが、手がかりがあれば調べてみたいと思っています。
  どちらの半鐘も30年ほど前まで、集落に火事を知らせるため実際に使われていました。遠くの火事のときは間をおいてゆっくりと鳴らし、近くのときは「すりばん」という早鐘(はやがね)を打ち鳴らしました。音色はお寺の鐘のような低い音でなく、伝達性にすぐれたカンカンカンという高い音でした。火の見櫓と半鐘の役割は重要で、火事の発生に気付いた人はすぐに火の見櫓に登り、火災現場の近い、遠いに応じて鐘を鳴らしました。半鐘を鳴らす道具は、山から採ってきたかぎ型の木の棒でした。
  早鐘が鳴ると地域ぐるみで初期消火にあたったことは言うまでもありません。少しでも延焼を食い止めるために必死でバケツリレーを行いながら、地元消防団の到着を今か今かと待ったものです。今では国道沿いに相模原市津久井消防署が設置されましたが、初期消火については地城の自衛消防組織が頼りになることに変わりはありません。万一の場合に初期消火や交通整理などの重要な役割を果たす消防団員の皆さんのご無事を切に願っています。
  220年以上も集落の高台で風雪に耐え、天明の大飢饉、土平治騒動、明治維新、関東大震災。太平洋戦争等々の歴史の流れを見つめ、地域の命と安全を守ってくれた火の見櫓。老朽化が進み、何かのはずみに事故が起きないとも限らない火の見櫓が解体されるのは仕方の無いことでしょう。それでも、江戸時代の刻印が打たれた半鐘が発見されたことで、宝物をさずかった思いがします。
  刻印が施された半鐘というのは非常に珍しいということで、多くの新聞社から取材されました。私も、道志自治会長の小野潔さん、消防団の活動に詳しい山口兼弘さんと一緒に半鐘を調べた結果を記者の方々にお話しました。小野さんは刀剣づくり(靖国派)の達人で、自治会長として地域住民を代表し、半鐘を文化財として登録してほしいと相模原市に要望しています。
  半鐘の刻印に「寸沢嵐村願主下道志北村中」とあるとおり、下道志地区も南北に分かれているため下道志北と下道志南があり、道南、道北と呼ばれていました。刻印は半鐘が初めに道北に置かれたことを示しています。
  地域の古老のお話によると、ずっと以前に設置されていた場所等は不明ですが、大正、昭和の時代に火の見櫓は道志地域内に2ヵ所ありました。最初は道北地区内の共同小屋(椀小屋)の敷地内の角に立っていました。その後、道南地区の清光禅寺(臨済宗建長寺派)の入口階段の右上の所にも設置されました。草葦屋根の家が多かった昭和の中期までは、火災が発生した場合には半鐘が大活躍し、ガンガンともの凄い音が遠方まで鳴り響き、火災発生から短時間のうちに大勢の助っ人役を集めることが出来ました。火災に早く気付いて半鐘を叩くことにより、大火にならず消し止めることができたのです。道南の半鐘は吊り鐘型だったので、太平洋戦争が激戦となり我が国が金属不足になった折、国からの命令にしたがって供出してしまいました。ただ、道北の半鐘だけは幸いにして供出をまぬがれました。その後、昭和中期ごろ横浜水道で使われていた「トロッコ」用のレールが不要になったため、これを頂いてきて火の見櫓を完成させ、半鐘だけは道北地区の火の見櫓に付いていた物を利用し、このたび撤去作業が行われた場所に設置したそうです。
  解体された火の見櫓が道志集落の家々を見守ってくれたように、今度は私たちが半鐘を地域の宝物としていつまでも大切に守っていきたいと思います。
  余談になりますが、上記の「共同小屋」、通称「椀小屋」について書き添えておきます。椀小屋は、地区内に冠婚葬祭などの人寄せがある場合に備えて、お椀、鍋、釜、お膳、お皿、座布団など必要な道具を用意しておく小屋です。地域によっては「椀倉」とか「謄倉」とも呼ばれていました。昔は、人寄せがあるときに自前の食器や台所用品ではまかなえない家が多く、また、個々の家で購入するのは大変だったため、共同でお金を出し合って買い入れ、椀小屋にしまっておきました。物資の乏しい時代に生きた先人の知恵と言うべきでしょう。道北集落の場合は、玄米を白米にするために使う木製の「ふみがら」なども備えていました。椀小屋と並んで、密封された別棟の小屋もありました。ここでは、自給自足の生活に欠かせない味噌、醤油を造るために必要な麹菌を繁殖させました。木製の醤油絞り機などの道具も備えており、自分で絞れる人は道具を借りて自分の家まで運び、醤油を紋りました。自分でできない人は、醤油造りの専門家に頼んで絞ってもらいました。また、椀小屋には農作業で使用する縄綯い機も収蔵されていました。シンプルな構造の機械でしたが、良い縄が作れました。救急用の器具としては「お駕籠」がありました。地域内に急病人が出た場合、組員が総出で病人を病院まで運ぶための運搬具です。これらの備品はすべて、使用した人が責任を持って掃除して小屋に戻しておくしきたりでした。今のように物資が豊富ではなかった時代に、集落の人々はこのようにして必要な道具を共同財産として確保していたのです。
  今度の半鐘発見をきっかけに、昔の農機具を実際に使っていたころを思い出して懐かしい感じがしました。その半面、火の見櫓も椀小屋も姿を消した今となっては、私の故郷も激しい時代の波に洗われていると思わずにはいられません。 最後になりますが、火の見櫓が設置されていた場所をご教示下さいました井草高治・規枝夫妻はじめ、大熊清さん、山口平助さん、井草清明さんに心よりお礼申し上げます。ご協力有難うございました。

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.