押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

「春の女神 ギフチョウ」を大切に

  早春の天気のいい日、藤野町篠原地区の石砂山周辺でギフチョウが飛ぶ姿を目にすることができます。私は、神奈川県指定特別天然記念物に指定されているこの珍しい蝶に興味を持ち、地元の人に何かいい資料があったら教えてほしいとたずねたところ、「春の女神ギフチョウ」(ギフチョウを守る会・藤野町教育委員会発行)というパンフレットをいただ
きました。このパンフレットを読むとギフチョウの生態などについてよく分かりますので、その概要を紹介します。
   「藤野町は貴重な自然と動植物の宝庫です。しかし、私たちを取りまく環境は日々変化し、山林には残土が投棄されたり、広葉樹林は伐採され杉・檜の針葉樹が植林され、ギフチョウにとっては棲みにくい環境へと変わりつつあります。(中略)。 ギフチョウはアゲハチョウ科に属し、我が国の本州のみに生息する蝶です。その大きさは、前知長3センチ程度と小さく、春に出現し、その美しい可憐な姿から『春の女神』と称されています。(中略)。県内でも東丹沢、表丹沢の山麓から津久井地区にかけて豊富に見られた個体も、昭和40年代後半にはついに消滅し、本町にのみ自然発生が確認されるようになりました。このように藤野町に生息するギフチョウは、太平洋側の東限でかつ独特の形質を持つ個体群を形成することから自然史的価値は高く、貴重であります」
   「ギフチョウの幼虫は、カンアオイ(藤野町ではカントウカンアオイ)の若葉を食べて育ち、葉が硬化する6月中旬には蝸になり、カンアオイから離れてしまいます。カンオアイはその名のとおり常緑の葉を持ち、照葉樹林床に群落を形成する高さ10cm足らずのー風変わった多年性草木です。葉は特徴のあるハート形で、地面近くにつぼ形の奇妙なか
っこうをした花をつけます。(中略)。ギフチョウの盛衰はカンアオイの盛衰に大きく左右されます。と言いますのは、カンアオイの分布拡散能力が驚くほど低いこと、年間を通じて陽光をさえぎる杉・檜林ではほとんど自生できないのであります。よって開発や杉・檜などの植林がギフチョウの盛衰に大きく影響します。又、それ以上に打撃を与えるものは、
不法な採集者であります。豊かな自然の中、良識ある行動が求められます」葉の裏に、10個前後の卵を産み付けます。小さい真珠のような卵は20〜25日でふ化し、カンアオイの葉を食べて育ちます。幼虫は初めは集団で生活しますが、大きくなるに連れて単独行動をとるようになり、40日程で蝸となります。そして、蛸の状態で夏・秋・冬を越して再び春に成虫となります」パンフレットはさらに、「ギフチョウは、このように美しくかつ可憐で貴重な蝶であります。(中略)。蝶をはじめとする動植物がこの自然の中で棲みつづけられる環境を守っていけるよう、皆様のご協力とご理解をいただき、より一層活動の充実を図っていきたいと考えます」と呼びかけています。また、昭和57年にギフチョウが県指定天然記念物に指定

された後、平成元年に篠原地区の有志23人が「ギフチョウを守る会」を結成し、横浜国立大学の斉藤賞教授を招いて町立篠原小児童といっしょに学習会を開くなどギフチョウに対する意識の向上にも努め、毎年3月下旬から5月上旬にかけて県文化財保護課、県立博物館、横浜国大、津久井警察署、町教育委員会、ギフチョウを守る会、篠原地区児童と住民による官民パトロールを実施していることも記載しています。
  私は今年の春、「守る会」元会長の鈴木駒男さんにお目にかかってお話をうかがいました。その折、鈴木さんは「昔ながらの自然の中で生きているギフチョウの生態はあまり知られていなかったし、生息するための条件もわからなかった。しかし、大学の先生の話などを通じて少しずつ知識が深まり、県も町の住民もようやく関心を持つようになった。炭焼きが盛んだった頃の山は、二十年サイクルで樹木の新陳代謝があったが、今は雑木林のまま四十年、五十年も同じ状態が続いている。山が荒れるとカンアオイも生えない。カンアオイが無ければギフチョウも生きられない。今後は雑木林にどう光を入れてカンアオイの成長を図るかということ、つまり、ギフチョウが生息する条件を整えることが最大の課題。
パトロールも必要だが、ギフチョウの生息地に光を入れて明るくし、カンアオイと花を増やすことが大切だと思う」と話してくれました。また、鈴木さんは大変責重なビデオを見せて下さいました。平成7年から数年をかけて2人の映像作家が制作した約30分の作品「ギフチョウと生きる郷〜神奈川県藤野町篠原・牧馬地区の記録」です。ギフチョウの生態と「守る会」の活動を収録したドキュメンタリーで、ギフチョウが美しく舞う情景だけでなく、卵が孵化する瞬間や一斉にカンアオイを食べ始める様子、4回脱皮を繰り返してサナギから蝶に変わる過程、監視パトロールや下草刈りの活動などを克明に映像化しています。私はこの作品を見て、「春の女神」への地元の人たちの愛着の強さを感じ、ギフチョウという素晴らしい生き物を保護することがどれだけ大切かがよく分かりました。
  今、地球環境への思いやりということが盛んに叫ぱれています。私たちは身近なところから、自分たちにできる範囲で資源のムダづかいを無くし、リサイクルや再利用を心がけなければならないと思います。それが子や孫に良好な環境を残すための道でもあるでしょう。藤野の春を彩るギフチョウも大切な自然資源です。地元の蝶を保護するための「守る
会」の活動がさらに広がり、この美しい蝶がいつまでも藤野の野山に生き続けることを順わずにはいられません。

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.