押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

 山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え
                  阿弥陀様と地名にまつわる話
神奈川県津久井郡相模湖町に奇岩怪石で有名な石老山があり、その中腹に平安初期の創建といわれる古義真言宗の顕鏡寺を見ることができます。ここに安置されている上品で温和な表情をした阿弥陀如来にまつわる話があります。

 さかのほること文政元年、山梨県南部都留郡道志村に久保という地名があり、この東側の中腹にあたる御堂沢に、木彫りで金箔塗りの立派な阿弥陀如来が祀ってあった。
 あるときその阿弥陀様を乞食が持ち出した。その時分には、現在の大室指大羽根の道志川河畔の中腹辺りに崩れかけた細い道があった。乞食は阿弥陀様を背負ってその細道を通り抜けようとしたが、足場が悪く足を踏み外して道志川に転落した。それを知らない村人は乞食が転落した所辺りを日が暮れるころに通りかかり、川の中が青くキラキラと光っていることに気がつき、翌日行ってみると、阿弥陀様は川の中にあり、近くで乞食が溺れ死んでいたので、村人が葬ったそうだが、村人達の間では「阿弥陀様を持ち出す程の者は、ただの乞食ではなかろう」という風評が大方の見方だったようだ。乞食が落ちた場所には今でも入道転がしという地名が残り、落ちた川の辺りを光渕という地名も残っているのは、これにこ由来する。
 その当時、この村の住人が突然いなくなり、村人総出で探したが、タ方になっても見つからず、あきらめて解散しようとした。ところが、ある村人がこんなことを言い出した。「見つからないまま放ってしまうのは可哀相そうだ。どうか俺の言うことを聞いてくれ。親戚に易をみる人がいるので、その人の占いに望みをかけてみたい」。みんながそれに同意し、易を見てもらうことにした。すると、その易の中に阿弥陀様が出てきて、「いなくなった人は、残念ながら川の中ですでに仏になっている」とお告げがあった。そこで村人たちはまた川辺に戻り周辺を探したところ、易の見立て通り、その人が溺れて亡くなったことが確認された。このように、この阿弥陀様は山梨県道志村の住人にとても親しまれていた。この地区の古老佐藤因氏に協力して頂き、
乞食の戒名のメモを拝見させて頂くことができた。乞食の戒名は昔、佐藤正英氏宅にあったというが、今ではその実物を見ることはできない。佐藤因氏の居宅に残されていたメモによると、「文政元寅天帰寂観入道霊位」と記されている。即ち1818年8月15日、今から百八十一年前のこと、仁孝天皇の御世である。
 その後、この阿弥陀如来は台風で氾濫した道志川の濁流によって川下に運ばれ、現在の神奈川県津久井郡津久井町と相模湖町との間に架かる道志橋あたりに流れ着いた。そして、寸沢嵐村の組世話人、大熊氏の手によって拾い上けられた。不思議なことに、像の裏面には沢山の傷があったが、表の面は無傷だったという。その夜のこと、大熊氏の夢枕に阿弥陀様が立ち、「どうしても道志村久保に帰りたい」としきりに頼んだそうだ。しかし、大熊氏はこの阿弥陀様がすっかり気に入り、手放す気持ちになれなかったので、在所を阿弥陀様が祀られていた土地と同じ道志という地名に変え、また、現在の増原地区あたりを御堂沢と名付けて常楽寺に阿弥陀様を納めた。また山梨県道志村の久保地区にも蛇窪という地名が有るが、この常楽寺の近くにも長蛇窪という地名が残されている。そればかりか、大熊氏の屋号を久保と称することによって、阿弥陀様に納得してもらおうとした。しかし、そのかいもなく、村人が神隠しにあったり、村に疫病が流行ったりしたという。
 その後、常楽寺は廃仏毀釈で廃絶し、阿弥陀様は石老山顕鏡寺に引き取られ、今も客仏として安置されています。また、かつて祀られていたという御堂沢の辺りは、砂防堰堤工事のためすっかり姿が変わってしまいました。
 これで、山梨県と神奈川県とに道志という同じ地名がある由来がおわかりになったことと思います。ただ、ご注意下さい。同じ地名の悲しさとでも言いましようか、今でもタクシーに乗って「道志まで」と頼むと、別の「道志」に連れて行かれることがあります。山梨県の道志村は「奥道志」、相模湖町道志は「下道志jと呼び習わしていますが、タクシーの運転手さんがそのことをご存じであるかどうかは保証の限りではありません。

(写真は相模湖町教育委員会提供)

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.