押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

 正覚寺の「夜泣き地蔵」
 神奈州県津久井郡相模湖町の正覚寺は、別名「俳句寺」とも呼ばれる名刹で、境内には句碑がたくさん立ち並んでいます。大正七年に民族学者 柳田国男が相模湖町内郷地区の調査に訪れた際に宿舎となったことでも知られ、また、民話「狸和尚」の舞台として多くの人々に親しまれています。
さて、正覚寺にはもう一つ、「夜泣き地蔵」という話が伝わっています。

 このお寺がまだ、今の北側にあった頃のことです。ある冬の夜、やつれ切った幼い娘を連れた六部(ろくぶ=銭を乞いながら諸国をめぐる巡礼)が寺の門を叩いて宿を乞いました。どこから流れて来たのか、父子とも惨めな身なりで久しくろくな食べ物も口にしていない様子です。「娘の亡き母の供養に藷国の寺を巡って祈願しているのだろう」こう哀れに思った和尚さんは父子にお粥と呑の物を与え、暖かな寝床を用意して上げました。両手を合わせて和尚さんを拝みながらほろほろと涙を流した父親は、その夜急病死した娘の可愛さに添い寝をして一夜を過ごしました。翌朝、和尚さんが二人の様子を見に行くと、娘はすでに息を引き取っていました。やせ細った青白い顔から苦しみの色は消え、父親にみとられて眠るおさな子の安らかな表情が浮かんでいるばかりでした。
 このことを知った近在の人たちは、娘を哀れんで小さな石に経文を刻み、地蔵をこしらえて手篤く葬りました。その後、父親は和尚さんと在所の人たちに重ね重ねお礼を言って、いづこへともなく去って行きました。
不思議なことにどこからか大きな石が据えられ、娘が眠る小さな塚の上にかぶさるような形になったのは、それからすぐ後のことでした、「この子の魂が両親の後を追ってさまよい出ないように、仏様が力をお示しになったのだろう」こう人々は語り合いました。 正覚寺
 歳月は流れ、正覚寺は火災に見舞われて今の場所に再建されました。それからしばらくすると人々の間に奇妙な噂が立ちました。「夜になるとどこからか子どもの泣き声が聞こえる」というのです。そして、その泣き声はどうやらあの娘が眠る塚の辺りから聞こえてくるようでした。大きな石がかぶさっているため、地蔵様とお墓を新しい場所に持ってくることができなかったのです。すでに代は替わっていましたが、正覚寺の和尚さんは「あの子が一人になって、さぴしくて泣いているのでは」と気づきました。そして早速、村の人たちをともなって塚に足を運び、「夜泣き地蔵」をねんごろに供養した後、泣き声はピタリとやんだそうです。
 その後、古寺の跡が三井物産に買収され、塚の辺り一帯は正覚寺の手を離れてしまい、夜泣き地蔵がどうなったか定かではありません。ただ、地域の古老の中には昔、「畑の中から絵と経文が書かれた石が出てきた。昔伝えの供養塔だろう」とか「地蔵様だけは誰かが持ち出して保管していたはずだが、今となってはどこにも見当たらない」という話を聞いた人がいるそうです。それはともかく、正覚寺の一隅で最期の時を迎えた幸薄い少女の魂よ安らかなれと祈らずにはいられません。

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.