押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

 大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
 神奈川県津久井郡相模湖町に俳句寺として名高い正覚寺があります。この寺は過去二度にわたって火災に遭い、そのつど別の場所に再建されました。現在は、最初の寺を元屋敷、二番目の寺を古屋敷と呼んでいますが、元屋敷が「不寝(いぬ)の番場」と呼ばれた時期もありました。創建当時は現在地の西側(相模湖寄り)500メートルほどの場所にあったそうですが、永禄12年(1569)10月、
武田信玄が三増峠で北条軍を破って甲斐に引き上げる道すがらこの辺りで夜となり、山道が非常に暗かったため松明代りにこの寺を焼き払って地理を確かめたと伝わっています。その後、寺は現在地の北西側の裏手に再建されましたが、これも火災に見舞われて消失しました。したがって、私たちが目にしているのは三つ目の建物という事になります。現在の正覚寺は、境内に句碑がたくさん立ち並ぶ俳句寺としてだけでなく、見事な「滝つつじ」でも知られています。6月になると、滝つつじや色とりどりのあじさいを観賞するため、各地から多くの人が訪れます。ときにはこうした人達の求めに応じて、住職様が優しい口調で寺の縁起や伝承を説明されている様子を見る事もできます。
 さて、正覚寺の辺りには昔ながらの農村風景が色濃く残っており、都会では思いも寄らない珍しい体験をされた方もいるようです。その実例として地域の事に詳しい山口勝夫さんの体験談をご紹介しましょう。平成11年の夏のことです。いつものように夕方、畑の中の小道を飼い犬を連れて散歩していたところ、犬が突然引き綱をふりほどき駆け出して行きました。ずいぶん離れた場所で止まった愛犬を見て、「そのうち戻って来るだろう」と思った山口さんは先に家に帰りました。ところが、いつまでたっても犬は戻って来ません。そこで、孫を迎えにやりました。すると、孫は慌てて帰ってくるなり、「おじいちゃん、大変だ。犬が何かと喧嘩している。」びっくりして山口さんが駆けつけてみると、丈は短いながら胴回りがとても太い蛇に向かって犬が盛んに吠え立てています。飼い主の顔を見て元気づいたのか 、犬は蛇に攻撃を仕掛けて激しい格闘となりました。しばらく揉み合った後、犬が蛇の頭に思い切り噛みつきました。すると蛇は負けじと犬の舌に噛みついたようでした。激しく身悶えしながらやっとのことで蛇から逃れた犬はその場で震えるばかり。蛇は藪の中へ姿を消しました。山口さんは愛犬をかかえて家に帰りましたが、蛇の毒が回ったのか苦しそうに体を痙攣させています。すぐに犬を抱いて近くの獣医に駆け込み、点滴や注射の手当をしてもらいましたが、その甲斐もなく3日後に息を引き取りました。
 山口さんは、「あの蛇は正覚寺の守り神だったのではないだろうか」と話しています。近所の人の話でも、丈のわりに非常に体の太い蛇が大木の根本で日向ぼっこをしているのをときどき見掛けたといいます。普通の蛇だと蚊取り線香のようにとぐろを巻いているのですが、この蛇だけは余りに太いためひと巻きのように見えたそうです。また、山口さんの話しでは、何年か前にも物置で奇妙な物音がするので行ってみると、50匹か60匹はいるかと思えるほどの数の蛇が互いに絡み合い、大きな団子状になってうごめいている光景にでくわし、「びっくりして足腰が竦んだ。」そうです。山口さんがこう語るのも無理もないことではないでしょうか。
 津久井郡内には大自然が多く残されています。環境破壊が及んでいない山深い里には今なお、人と自然と動物たちをめぐる土の香りに満ちた逸話が沢山あるに違いありません。
Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.