押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

 柳田国男先生と正覚寺の話し
正覚寺は1387年、建長寺二十八世覚海禅師の法孫で雲居寺開山鎌渓膳師の法嗣、雲潭玄蔭和尚により開山されました。現在の山田亮因玄妙和尚は第二十二世です。「正覚寺は開山より長い歳月の間に住職不在ということなく、むしろ近隣の住職不在時の住職を兼務してきました。」と、玄妙和尚は笑顔で話します。また、大正7年8月、民俗学者の柳田国男先生が相模湖町内郷地区の調査を行ったときに、その宿となったことでも有名です。10日の間ネギとカボチャばかりを食べさせられた柳田先生は、「山寺やネギとカボチャの十日間」の句を残されました。それが、正覚寺が俳句寺と呼ばれるゆえんです。今では境内に有名無名の俳人の句を刻んだ石碑が林立しています。
 「柳田国男先生が来村された当時は、東京の人が当地にやって来るのは大変珍しく、今で例えると、外国の方が訪ねてくるのと同じくらい喜び、歓迎した」と、今でもいたって壮健な二十二世の大和尚は話します。東京からの土産品としてキャラメル、ビール、鉛筆削り等を持参されたということですが、「まだ小刀で鉛筆を削っていた時代のこと、グルグル回すと鉛筆が削れるなんてびっくり。文明の利器とはこういうものかと感嘆した」と、大和尚は当時を偲んで笑顔で話してくださいます。
 柳田先生の調査は当初、伝説や旧跡の多い藤野町佐野側に白羽の矢がたてられていましたが、「新編相模国風土記」はあまりにも架空の記述が多いことが判明したため、内郷村になったそうです。鈴木重光氏の談によると、大正7年28日、柳田国男先生と小野田武夫氏が来村し、長谷川一郎氏(当時の内郷小学校校長)、鈴木重光氏、その他の村内有志と懇談した結果、内郷村で調査することに決定しました。
 こうして、牧口常三郎(創価学会創始者)、新渡戸稲造博士、草野理学博士、中村農学博士、佐藤工学博士、鳥井龍造博士、田中鉄道参事官等を含む12名により調査が進められたのですが、なにぶんにも多忙職務の為、調査員中に故障者も多く大変な作業になったそうです。
 また、これとは全く違う話ですが、昭和30年代に大活躍したプロレスラー、力道山と正覚寺をめぐる逸話も残っています。力道山はカラテチョップを使って大型外国人レスラーをバッタバッタと倒し、国民に勇気と希望を与えてくれた戦後の英雄でした。まだ国全体が貧しくテレビが普及していなかった頃で、力道山の出るプロレス番組を見ようと都会の街頭テレビジョンには黒山の人だかりができ、テレビのない家之子はテレビの有る家で見せてもらうほどの人気でした。力道山はリキ観光株式会社を中心に事業家としても大いに手を広げ、昭和37年には相模湖町で土地の開発事業を計画しました。この開発にあたり地元の方々の協力無くして計画の実現は有り得ませんでした。このため正覚寺も山林5ヘクタールを協力しました。それが現在のピクニックランドの前進です。その直後に力道山は突然の事故で帰らぬ人となりましたが、開発事業は三井物産に引き継がれ、相模湖ピクニックランドとして現在に至っているのです。

 相模湖町内郷地区がこうした歴史を持つ地域であることを、次世代に語り継いでいきたいと思います。

Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.